2017年11月16日

【マイルCS】馬場とペース

マイルCSの分析です。


京都競馬場は極悪馬場の影響が続いて上がりがでない状態がつづいています。


まずエリザベス女王杯の過去3年のラップをみてみます。


17年 2分14.3【良】
36.5→38.3→25.1→34.4


16年 2分12.9【良】
36.5→37.9→24.4→34.1


15年 2分14.9【やや重】
36.1→37.4→25.1→36.3



つづいてデイリー2歳Sのラップをみてみます。


17年 1分36.3【良】
35.7→25.3→35.3


16年 1分34.6【良】
35.9→24.6→34.1


15年 1分35.9【やや重】
36.6→25.1→34.2



15年はやや重でしたが、重に近い馬場でした。

今年は良馬場ながら昨年より2秒以上遅い重馬場と同レベルの馬場状態になっています。

土曜日には雨の予報がでており、厳しい馬場状態で行われることは必至です。




重馬場実績(重以上、連対率60%以上)


・アメリカズカップ(2−0−0−0)

・イスラボニータ(0−1−0−0)

・エアスピネル(1−0−0−0)

・サングレーザー(1−1−1−0)

・ダノンメジャー(2−0−0−1)

・ムーンクレスト(2−2−0−1)




馬場適性の観点で狙いたいのがこの馬!

理由も含めてブログランキングに掲載しています。

必見ですよ。


最強競馬ブログランキングに参加しています! クリックお願いします。
posted by fukuheinerai at 19:01 | Comment(0) | データ分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

【エリザベス女王杯など結果】

先週の結果です。


武蔵野S


◎カフジテイク→5着


○メイショウウタゲ→8着


▲ロワジャルダン→11着




エリザベス女王杯


◎スマートレイアー→6着


○ヴィブロス→5着


▲ジュールポレール→16着



福島記念(おまけ)


推奨 ベルーフ→9着



全然ダメな週でした。

ダートも芝も想定より前が残ってしまった。

荒れたのにもかかわらず推奨できず悔しい限り。


特にエリザベス女王杯は、ヴィブロスより前目で勝負できる馬といっておきながらモズカッチャンは眼中にいれないという失態。


マイルCSでなんとかリベンジしたいところ。


マイル路線は絶対王者がおらず、どの馬が勝ってもおかしくない。

昨年2着のイスラボニータも今年でもう6歳。

決め手がないこの馬は本命視しにくいですね。



注目の一頭をランキングに掲載しておきます。

ここは得意の距離でコースも合うのではないか。

脚質的に厳しいコースなので人気はしにくい一頭。

ここは狙い目でしょう。

以上お読みいただきありがとうございました。
最強競馬ブログランキングに参加しています! クリックお願いします。
posted by fukuheinerai at 18:39 | Comment(0) | 結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

【エリザベス女王杯予想】好データに合致する馬で!

エリザベス女王杯の予想です。


週の予想は以下の通りでした。



エリザベス女王杯 好走条件
http://fukuheinerai.seesaa.net/article/454728485.html


エリザベス女王杯 好走条件A
http://fukuheinerai.seesaa.net/article/454793277.html


まとめ

・3歳馬は、ディアドラが一番手評価

・オークス&秋華賞連対経験馬が毎年馬券内

・社台グループが強い



◎ 競馬ブログランキングに掲載!


乗り替わりじゃなければ・・・というのが本音だが、ここのところの安定感をみれば侮れない。

今年走った2000以上の3戦はすべて連対しているし、うち2戦は同じ京都外回りでのもの。

そしてその3戦はすべて牡馬混合戦でのもの。

特に圧巻だったのが4走前の京都記念でのちにG1を勝つ馬の得意な馬場でも引けを取らない内容だった。

乗り替わった騎手はここを絶対勝ちたいところだし、思い切ったときはいい競馬をするし、継続騎乗よりは信頼できる。



○ ヴィブロス


京都(2-1-0-0)、2000m以上(2-1-0-0)の得意条件で、

なんといってもドバイでの勝ちからも実力は堅実。

3着以内を外すイメージがないですが、1人気が過去10年で2勝の不振データもあります。

今回は8枠からの発走ですし、馬群をさばくロスが生まれてしまうかなと。

そこはルメールジョッキーなのでうまくやるとは思うのですが、◎が好位でエンジンかかったところを捉えられないとみて。



▲ ジュールポレール


距離実績がないので、人気していませんが春の牝馬G1ヴィクトリア3着はなかなかの実績です。

順調に来ていてこの人気ならかなりおいしい一頭になりそうです。



メール登録されている方には、福島記念の注目伏兵馬を載せておきましたので、是非参考に。
最強競馬ブログランキングに参加しています! クリックお願いします。
posted by fukuheinerai at 13:33 | Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【武蔵野S】予想

武蔵野Sの予想です。


例年に比べてなかなか面白いメンバーがそろった印象で、3歳馬も果敢に挑んできています。

今日の1,2レースをみるとちょっと乾いてそうですが通常の馬場でやれそうです。



◎ カフジテイク


フェブラリーSを素直に評価したい。

出走するベストウォーリアには先着されていますが、斤量1キロ有利ですしあちらは乗り替わり。

ダートのルメールはそこまでプラスではないと思う。

根岸Sでも今回鞍上の福永騎手が騎乗してベストウォーリアに先着している。

ベストウォーリアは1400のほうが得意だと思っているのですごくいいパフォーマンスだった。

福永騎手はスタートうまいし、3歳馬よりはこちらのほうが軸には最適ですね。

先週もエピカリスが惨敗でしたし、3歳馬は古馬一線級相手にはまだ早いと思っています。



○ 競馬ブログランキングに掲載!


そもそも人気にならない馬なんですが、鞍上効果もあって全然人気じゃないですね。

東京は2戦走って2勝と得意条件です。

馬群にも負けない馬ですし、末脚も堅実です。

前走1着馬の成績もいいですし、ここは注目の伏兵馬。


▲ ロワジャルダン


重賞で馬券になったことが4回あるのですが、内目の枠でした。

内でも我慢できる辛抱強さがありますし、東京なら馬群で脚をためてするっと抜ける競馬ができます。

前走前々走と惨敗してしまいましたが、叩き2戦目で内枠に入り見直せるはず。





最強競馬ブログランキングに参加しています! クリックお願いします。
posted by fukuheinerai at 12:46 | Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

【エリザベス女王杯】好走条件A

エリザベス女王杯の分析です。

前回は、前走レースの分析をしました。


まずは、前回に関連して好走馬の京都の成績と2000m以上の距離実績があるかを分析します。



出走年ー着順ー馬名ー京都成績ー2000以上成績

16年 1着 クイーンズリング (1-1-0-1) (0-1-0-2)

16年 2着 シングウィズジョイ (0-0-0-1) (1-0-0-2)

16年 3着 ミッキークイーン (1-0-0-0) (3-0-0-1)


15年 1着 マリアライト (未) (3-1-0-2)

15年 2着 ヌーボレコルト (0-2-0-0)(1-3-0-1)

15年 3着 タッチングスピーチ (0-0-1-1)(2-0-0-2)


14年 1着 ラキシス (1-1-0-1) (3-3-0-3)

14年 2着 ヌーボレコルト (0-1-0-0) (1-1-0-0)

14年 3着 ディアデラマドレ (1-1-0-1)(1-0-0-1)


13年 1着 メイショウマンボ (3-1-0-0) (2-0-0-0)

13年 2着 ラキシス (1-0-0-0) (3-0-0-2)

13年 3着 アロマティコ (1-1-2-1) (2-0-3-1)


12年 1着 レインボーダリア (0-0-0-2) (1-0-1-4)

12年 2着 ヴェルシーナ (0-1-1-0) (1-2-0-0)

12年 3着 ピクシープリンセス (1-0-1-0) (3-0-2-0)



京都好相性の馬、距離実績がある馬が好走していることがわかります。

昨年は相性実績無い馬が好走しており、例外な年だったのかもしれません。


社台グループ強し


大きいレースでは大体当てはまりますが、社台グループが強いです。

特にエリザベス女王杯は、顕著に傾向がでています。


16年 1着 クイーンズリング 社台ファーム

16年 2着 シングウィズジョイ 社台ファーム

16年 3着 ミッキークイーン ノーザンファーム


15年 1着 マリアライト ノーザンファーム

15年 2着 ヌーボレコルト 社台ファーム

15年 3着 タッチングスピーチ ノーザンファーム


14年 1着 ラキシス ノーザンファーム

14年 2着 ヌーボレコルト 社台ファーム

14年 3着 ディアデラマドレ ノーザンファーム


13年 1着 メイショウマンボ

13年 2着 ラキシス ノーザンファーム

13年 3着 アロマティコ ノーザンファーム


12年 1着 レインボーダリア

12年 2着 ヴェルシーナ ノーザンファーム

12年 3着 ピクシープリンセス



過去3年は3着以内を独占。


今年は、ノーザンファーム8頭、社台ファーム2頭と過半数を占める出走数で、本気度合いが高いことがわかります。




以上の傾向から注目馬をランキングに掲載しました!

是非ご覧ください。


以上お読みいただきありがとうございました。
最強競馬ブログランキングに参加しています! クリックお願いします。
posted by fukuheinerai at 19:06 | Comment(0) | データ分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする