2018年05月07日

【NHKマイルカップ】結果報告

NHKマイルカップの結果です。


予想の詳細は、こちらをご覧下さい。
http://fukuheinerai.seesaa.net/article/459203254.html


◎はプリモシーンでした。


結果は5着。

出遅れての直線どん詰まり…。

桜花賞と同じ轍は踏まないと思っていましたが、まさか東京でも同じになるとは…



不甲斐ない結果となり、申し訳ありません。



今週はヴィクトリアマイルなので、同じ東京マイルで取り返しましょう。


とはいってもあまり記事はかけそうにないので、軽めになってしまうかもしれません。


NHKマイルカップ→ヴィクトリアマイルと同じ東京マイルが続きます。

昨年こそ馬場が悪く、トリッキーになりましたが、例年NHKマイルカップよりも約1秒ほど速い決着になることが多いです。


早い時計がポイントになりそうです。


1番人気が予想されるリスグラシューは、完勝した東京新聞杯が1分34.1。

持ち時計は、チューリップ賞3着の1分33.6で、32秒前半で走れるかがポイント。



ここは疑ってかかりたいと思います。


現時点での注目馬を挙げておきます。


以上お読みいただきありがとうございました。



最強競馬ブログランキングに参加しています! クリックお願いします。
posted by fukuheinerai at 19:19 | Comment(0) | 回顧・展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

【NHKマイルカップ】予想

NHKマイルカップの予想です。


週の記事はこちらでした。


好走傾向を探る
http://fukuheinerai.seesaa.net/article/459123612.html

好走傾向を探るA
http://fukuheinerai.seesaa.net/article/459169991.html


NHKマイルカップは、2桁人気馬が過去5年で5回も馬券になっている波乱の多いG1です。

2桁人気馬の好走傾向を確認しておきましょう。



★2桁人気馬の好走傾向★


17年 13人気 2着 リエノテソーロ

15年 12人気 3着 レインボーライン

14年 17人気 2着 タガノブルグ

14年 12人気 3着 キングズオブザサン

13年 10人気 1着 マイネルホウオウ


過去5年でこの5頭が該当。



★NHKマイルカップでの通過順とベストレースピックアップ★


17年 13人気 2着 リエノテソーロ 差し:9−9 
 *ベスト 上がり34.9(1:10.3)


15年 12人気 3着 レインボーライン 差し:9−9 
 *ベスト 上がり34.6(1:34.0)


14年 17人気 2着 タガノブルグ 差し:13−7 
 *ベスト 上がり33.9(1:19.6)


14年 12人気 3着 キングズオブザサン 差し:13−11 
 *ベスト 上がり35.8(2:00.8)


13年 10人気 1着 マイネルホウオウ 追込:16−14 
 *ベスト 上がり32.9(1:34.1)



過去5年の2桁人気馬5頭は、全て後ろからのもの。

前有利なイメージですが、伏兵馬ならしぶとく差せる馬を狙うほうが良さそうです。

NHKマイルカップは、厳しい展開になることが多くなるため、これまでのレースで厳しいレースを経験していたことがわかります。


*リエノテソーロ(1着)のベストレースの2着馬タイムトリップ(0.2差)は、NHKマイルカップで6着(3着と0.1差)


*レインボーライン(5着)のベストレースの1着馬ダンツプリウス(0.1差)は、NHKマイルカップで4着(3着と0.2差)





では、今年面白そうな馬は…


超伏兵馬@→競馬ブログランキングに掲載


昨年2着のリエノテソーロの

1200m
35.4→34.9 


同じ1200mで
35.2→34.8

前後半まとめた似たラップは、前後半フラットになりやすいNHKマイルに通ずるのか。


桜花賞馬アーモンドアイやここでの1番人気馬タワーオブロンドンとも接戦を演じている。

大きく負けているわけでなく、それでこの人気ならば過去の2桁人気馬とも共通するものがある。




予想


◎ 競馬ブログランキングに掲載


週中から推奨しているこの馬から、いきます。

例年の牝馬好走傾向とも合致しますし、関東の上位リーディングジョッキーが乗れるのは、プラス。
最強競馬ブログランキングに参加しています! クリックお願いします。
posted by fukuheinerai at 07:27 | Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

【NHKマイルカップ】好走傾向を探るA

NHKマイルカップのデータ分析です。



前回の記事はこちらでした。

http://fukuheinerai.seesaa.net/article/459123612.html



前回記事の条件を今回出走予定馬に入れたものはこちらです。


テトラドラクマ
→【連対率60%】


プリモシーン
→【連対率75%】


アンコールブリュ
→左回り未出走【連対率75%】


ロックディスタウン
→【連対率50%】


トーセンブレス
→左回り未勝利【連対率40%】






今回のテーマは「マイル重賞」です。


早速過去5年の好走馬のマイル重賞成績を見ていきましょう…



17年3着(0−1−2−0)
 NZT 3着
 朝日杯FS 3着
 デイリー2歳 2着


16年2着(1−0−0−0)
 新潟2歳 1着

16年3着(1−0−0−2)
 アーリントンC 1着


15年1着(0−0−1−0)
 朝日杯FS3着

15年3着(1−0−0−0)
 新潟2歳 1着


14年1着(2−0−0−0)
 アーリントンC 1着
 シンザン記念 1着

14年2着(0−0−0−1)

14年3着 未出走


13年1着(0−0−0−1)

13年2着 未出走

13年3着(0−0−0−1)



このような結果に。


ここに当日人気を付け加えると…


17年3着 6人気
(0−1−2−0)


16年2着 2人気
(1−0−0−0)

16年3着 12人気
(1−0−0−2)


15年1着 3人気
(0−0−1−0)

15年3着 2人気
(1−0−0−0)


14年1着 1人気
(2−0−0−0)

14年2着 17人気
(0−0−0−1)

14年3着 12人気
未出走


13年1着 10人気
(0−0−0−1)

13年2着 6人気
未出走

13年3着 8人気
(0−0−0−1)


人気どころは、マイル重賞で結果を残しています。

勝ちがない馬は、朝日杯FSでの好走実績がほしいところ。



★今年の該当馬★


カシアス
 シンザン記念3着


カツジ
 NZT1着
 デイリー2歳2着


ケイアイノーテック
 NZT2着
 デイリー2歳3着


タワーオブロンドン
 アーリントンC1着
 朝日杯FS3着


テトラドラクマ
 クイーンC1着


デルタバローズ
 NZT3着


パクスアメリカーナ
 アーリントンC2着


プリモシーン
 フェアリーS1着


フロンティア
 新潟2歳1着


レッドヴェイロン
 アーリントンC3着



マイル重賞好走馬は10頭いますが、そのうち勝利経験は5頭でやはりここから選びたいところ。


現時点での注目2頭をランキングに挙げておきます。



余談ですが、、


今回同厩舎が多く


藤沢厩舎
 タワーオブロンドン
 ファストアプローチ
 ロックディスタウン

中内田厩舎
 パクスアメリカーナ
 フロンティア

藤原厩舎
 ギベオン
 ミスターメロディー

堀厩舎
 デルタバローズ
 ルーカス


なかなかこういうことも無いような気もしますが、「同厩舎の2頭出しは、人気薄を狙え」の格言に合致するのでしょうか。


また、前哨戦の馬体重が

アーリントンカップ
 タワーオブロンドン −8
 パクスアメリカーナ −8

ニュージーランドT
 カツジ       −12
 ケイアイノーテック −12


と、3歳としては減らしすぎな印象もあり、難解さを際立たせています。

次回は予想の記事をアップします。
最強競馬ブログランキングに参加しています! クリックお願いします。
posted by fukuheinerai at 10:03 | Comment(0) | データ分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

【NHKマイルカップ】好走傾向を探る

NHKマイルカップのデータ分析です。


テーマは「牝馬」です。


過去10年の性別の3着以内のデータを見てみます…


牡馬(8−8−9−132)

牝馬(2−2−1−18)


牡馬の占有率が圧倒的です。

これだけ見ると牝馬を無視しても良さそうですが、



過去3年の占有率を見てみると…


牡馬(1−1−3)

牝馬(2−2−0)



過去10年と過去3年で比較すると、牝馬の占有率17%→44%と大幅に向上しています。

しかも連対率では牝馬の方が上ですから、見逃せないデータです。




過去3年で馬券に絡んだ牝馬4頭は、


17年1着A人気 アエロリット

17年2着L人気 リエノテソーロ

16年1着@人気 メジャーエンブレム

15年2着C人気 アルビアーノ


です。


この4頭を分析すると…


17年1着A人気 アエロリット

 桜花賞 5着
 クイーンC 2着
 フェアリーS 2着
 中山500万下 2着
 東京新馬 1着


17年2着L人気 リエノテソーロ

 アネモネS 4着
 全日本2歳優駿 1着
 門別ダG3 1着 

 札幌op 1着
 札幌新馬 1着


16年1着@人気 メジャーエンブレム

 桜花賞 4着
 クイーンC 1着
 阪神JF 1着
 アルテミスS 2着

 中山500万下 1着
 東京新馬 1着


15年2着C人気 アルビアーノ

 フラワーC 1着
 東京500万下 1着
 中山新馬 1着



【ピックアップ】

*重賞勝利経験 3/4
 *または重賞連対経験 4/4

*連対率80%以上 4/4

*左回り連対率100% 4/4

*マイル戦勝利経験 3/4
 *またはマイル重賞連対経験 4/4



過去3年で着外になった6頭をみると…



17年1人気17着→左回り未出走【連対率60%】


17年5人気7着→左回り未出走【連対率50%】


16年15人気6着→左回り未出走、マイル戦未勝利【連対率33%】


16年16人気13着→重賞連対経験なし【連対率25%】


16年18人気15着→重賞連対経験なし【連対率33%】


15年17人気18着→左回り未出走、マイル戦未勝利【連対率27%】



負けるして負けた形で、そもそも人気も無かった馬が多いので参考程度に。



★今年の出走予定の牝馬★
 ※除外対象を除く


テトラドラクマ


プリモシーン


アンコールブリュ


ロックディスタウン


トーセンブレス


この5頭。


これらの条件に合致した馬をピックアップ馬としてランキングに掲載しておきます。


以上お読みいただきありがとうございました。
最強競馬ブログランキングに参加しています! クリックお願いします。
posted by fukuheinerai at 22:26 | Comment(0) | データ分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

【天皇賞春】データ通りの決着に!

天皇賞春の回顧です。



今回のデータ分析のテーマは2つで、


1 前哨戦好走組


2 生産牧場


でした。



1 前哨戦好走組だった



○レインボーライン 
 阪神大賞典1着→天皇賞春1


サトノクロニクル 阪神大賞典2着


◎クリンチャー 
 阪神大賞典3着→天皇賞春3


ガンコ 日経賞1着


チェスナットコート 日経賞2着



「この5頭から選ぶのが馬券的中の近道になりそうです。」

と記載していたとおり、ここから2頭きっちり走りました。




「また、巻き返し条件に合致する


カレンミロティック(阪神大賞典6着)
 

シュヴァルグラン(大阪杯13着)
 →天皇賞春2着 


と、前哨戦分析で絞った7頭でバッチリ決まりました。



前哨戦好走組の5頭をみると、阪神大賞典組が強いレースですし、レース内容からも日経賞より阪神大賞典組を上位に取るべきでした。


長距離の成長が見られた○レインボーラインと上積みがある◎クリンチャーを上位に取るのが自然の流れに。



2 生産牧場 を挙げたのは紐ならどの馬かという要素。


◎ クリンチャー →非ノーザンファーム

○ レインボーライン →ノーザンファーム


「直近3年連続でノーザンファーム生産馬が3着以内に2頭ずつ輩出しています。」

と記載したとおり、◎と○が決まったら、残りはノーザンファーム生産馬が来ることを想定しなければなりません。



前哨戦好走組が強いため、◎○以外の


サトノクロニクル→ノーザンファーム


ガンコ


チェスナットコート


巻き返し条件に合致する


カレンミロティック→ノーザンファーム
※伏兵@で推奨

シュヴァルグラン→ノーザンファーム


黒字の3頭へ流せば馬券的中になったわけです。


ちなみに、トーセンバジル(※伏兵A)もノーザンファーム、4着に敗れたミッキーロケットもノーザンファームでした。




終わりに


シュヴァルグランが前哨戦大敗したため、着外になった場合に備え、◎○の2頭を推奨できたのは、予想として完璧でした。


長距離は傾向が出やすく、こういう結果になりましたが、たまたまハマっただけで、ペースや枠1つで結果は変わります。

恐らく、今後の3歳戦は不確定要素もあり、難しいと思います。


備忘録として残しておきたいため、書きました。


今後も参考にできるようなブログにすべく、淡々と載せていきますので、よろしくお願いします。
最強競馬ブログランキングに参加しています! クリックお願いします。
posted by fukuheinerai at 09:05 | Comment(0) | 回顧・展望 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。